遺族年金を知ろう!

将来のために今できることアドバイザー
石井貴美子です。

生命保険に加入するときに遺族年金をちゃんと試算してから、死亡保障額を出しましょう。
そうすることによって「安心で無駄のない保険」へ近づくことができますという記事を書きました。
 →関連記事:今入っている生命保険は、「安心」かつ「無駄のない」保険ですか?

そのために遺族年金を知ろう!ということで、前回のブログでは、大前提としてのお話「公的年金制度の3つの年金」についてブログにアップしました。
 →関連記事:公的年金制度の3つの年金

「万が一」のときに家族の生活を守るための公的保障の遺族年金。
職業・年収によって年金の種類が異なりますし、遺族の誰が受け取れるのかも範囲が異なりますし、ここで確認していきましょう。

もらえる遺族年金は2種類あります

遺族年金には2種類あります。遺族基礎年金遺族厚生年金
ポイントとしては18歳になるまでの子どもの有無によって「受給できる」「受給できない」か決まります。

  1. 遺族基礎年金
    家族構成によって受け取れる年金額が異なります。
    18歳になる年度末日(3月31日)までの子どもがいないと受給できません。
    ですので、子どもが居ない夫婦の場合、遺族基礎年金は支給されません。
  2. 遺族厚生年金
    在職中の平均年収によって受け取れる年金額が異なります。
    18歳になる年度末日(3月31日)までのこどもが子どもがいなくとも受給できます。

遺族だからといって無条件に支給されるわけではありません

遺族年金は「生活に困る家族(遺族)に支給」というのが大前提です。
ですので、遺族年金は生活を維持されていた遺族に限って支給されます。受給が認められるのは、遺族の年収が850万円未満の場合です。
また、夫婦共働きの場合、夫婦両方の収入で生活していた場合であれば、生計維持関係として認められます。

遺族年金額はいくらもらえるの?

遺族基礎年金家族構成に応じた年金額を受け取ることになります。
遺族厚生年金在職中の平均収入にょって受け取れる年金額が異なります。

遺族基礎年金の受給イメージ

「子どものいる妻・夫」又は「子ども」が受給できます。
年金額は【基本額】(定額)が決まっています。
また、【加算額】として子どもの人数に応じて金額が決まってきます。
※子どもとは18歳到達年度の末日まで(1,2級障害のある場合は20歳未満)にあたる子どものことを指します。

【基本額】
780,100円(定額)

【加算額】子ども1人につき
子ども2人目まで 224,500円
子ども3人目以降   74,800円
※子どものみが受給する場合・・・2人目からが加算対象となります。


例)3人家族の場合で奥さんと子どもが遺された場合
年額:1,004,600円
(780,100円+224,500円)


遺族厚生年金の受給イメージ

それぞれ諸条件が異なりますので注意が必要ですが、こちらが該当します。

  1. 妻・夫・子ども
  2. 父母
  3. 祖父母

遺族厚生年金は、厚生老齢年金額の3/4を受給することができます。


遺族厚生年金額の計算式
老齢厚生年金の額×3/4


また、今まで払ってきた保険料によって受給金額が異なります。
そうすると遺族厚生年金ってすぐわからないですよね。

そこで!
ねんきん定期便の出番です!
そう。誕生日近くになると送られてくるハガキです。ペリッとめくると、年金額が記載されているあのハガキです。

長くなりそうなので・・・
次回は「ねんきん定期便を使って遺族年金を計算してみよう!」についてアップします!

 

「将来に向けて今できること」アドバイザー
石井貴美子

 

個別相談はこちらからお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です