将来の当たり前ってかなり大変!
長生きリスク対策してる?

将来のために今できることアドバイザー
石井貴美子です。

小学校が夏休みに入って、我が家のむすっこくんは一日学童へ通学。
ありがたや~😁

反面お弁当という悲しいお知らせがやってきた。
42日間お弁当生活という戦いが始まったのでした。
ということは6年間この地獄がやってくると思うとゾッ😱とします。。。
ニ〇レ〇さん、お世話になりまーす!!

2016年 日本の平均寿命
(厚生労働省発表)

「平均寿命最高に」という記事が日経新聞にでていましたね。
女性が4年連続、男性が5年連続更新したそうです。

女性:87.14歳
男性:80.98歳
※厚生労働省より

国際比較としても男女とも2位にランクイン。
世界有数の長寿国日本を改めて示していますね。
※ちなみに第一位は、男性・女性ともに「香港」です。

夫婦2人。セカンドライフ生活費はいくら必要?

セカンドライフを送るうえで、夫婦2人で必要と考える「最低日常生活費」は平均22.0万円(月額)となっています。
「ゆとりある老後生活費」は平均で34.9万円となっており、最低日常生活費以外でプラスして平均12.8万円(月額)必要という結果に。

内訳としては「旅行やレジャー」がもっとも高く「身内とのつきあい」「趣味や教養」と続いています。セカンドライフとなると時間にゆとりができるので、旅行やレジャー費用がプラスオンされますね。
参考:生命保険文化センター:老後の生活費はいくらくらい必要と考える?より

長生きリスク対策できていますか?

長生きすればするほど、今はリスクが高い世の中となってきています。
最低日常生活費で考えたとしても、

65歳以降に必要な生活費は

最低日常生活費
5,808万円
(87歳-65歳)×22万円×12ヶ月
 ※女性の平均寿命より

これを今からコツコツ貯めていけばいいんです。
でも銀行の金利も普通預金で0.001%、定期預金でも0.01%。(メガバンク)
超低金利時代です。年金もあてになりません。
自助努力ってやつが必要な時代です。

そんな時代だからこそ、より効率的にお金を育て増やしたくないですか?
将来のために今からできることがあります。
一緒に作戦会議しませんか。

まずはセカンドライフを送るうえで、どれくらいの自助努力しないといけないか現状を知ることから始めませんか?
個別相談は
下記フォームからお問い合わせくださいね。
もちろん作戦会議は無料です。

「将来のために今できること」アドバイザー
石井貴美子

 

個別相談はこちらからお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください