「消費税10%」引き上げによる住宅購入への影響

お金を通じて「生きる力」を身につける。

ファイナンシャルプランアドバイザー石井貴美子です。

前回、消費税引き上げスケジュール・軽減税率についてアップしましたアップ

▼前回のブログ記事はこちらから

いよいよ来年、2019年10月。消費税10%へ引き上げ

消費税引き上げと同時に「軽減税率」も導入。

 

今回は人生で一番大きな買い物の代名詞「マイホーム」。

消費税10%引き上げによる住宅購入への影響についてまとめていきますね。

 

消費税8%で住宅を購入する為の2つのタイムリミット

タイムリミット①

2019年9月30日までに住宅の引き渡しを完了させる

住宅の引き渡しが2019年9月30日までに完了すれば、消費税は8%となります。

1日経過した、2019年10月1日引き渡しの場合、消費税は10%となりますのでご注意ください。

 

タイムリミット②

請負契約締結を2019年3月31日までに完了していた場合、引き渡し時期が2019年9月30日を過ぎても消費税は8%のまま

 

注文住宅限定の「経過措置」として

注文住宅は請負契約締結から、住宅の引き渡しまで数か月かかるのが一般的です。

ですので、2019年3月31日までに請負契約締結済みの場合、引き渡しが2019年10月を過ぎても引き上げ前の税率が適応となります。

このことを「経過措置」といいいます。消費税が5%から8%に引き上がる時にもこの経過措置はありました。

 

請負契約とは

仕事の依頼を受けた請負人が仕事を完成させることを約束し、注文者がその仕事の完成に対して報酬を支払うことを約束して交わす契約が請負契約です。

引用:LIFULL「不動産用語集」

 

 

住宅購入のタイミングを決める判断材料の1つとして「消費税の引き上げ」があると思います。

ただ、消費税増税以上に大切なのが、将来に向けたご家族でのライフプランです。

住宅は購入できたけど「生活できない。」「教育費が捻出できない。」「家族での思い出作りができない。」なんてことにならないように、ライプランでシュミレーションすることが大事だと思っています。

将来のために今できること「ライフプラン」から始めていきましょうニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です